土地・ハウスメイカー

頭金0円で、無印の家は建てれるのか?

 

よく、頭金0円で家が建てれます!
なんて書いてあるチラシをみます。

 

家を建てる前は、頭金無しでも家買えるのか〜。
のんきに思ってました(笑)

 

我が家は
実際には、どうだったのか書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭金と自己資金の違い

 

この2つの言葉は似ていて紛らわしいです。

 

文で書くより図にして分かりやすくしてみました。

自己資金は、現金ですぐに動かせるお金のことです。

自己資金の中の1つが、頭金です。

 

そして、建築総予算から 頭金を引いた金額が借入金です。

 

 

 

諸経費

諸経費は、一般的に総予算の5〜8%の額みたいです。

火災保険料、保証会社手数料・保証料、仲介手数料、担保関連費用、

印紙税、引越費用、付帯工事費用、管理準備金、水道加入金だったりです。

 

現金で払う場合もありますが、住宅ローンと一緒に借りる事も出来ます。

 

 

我が家の場合は

諸経費で現金で払わなければいけないのは、収入印紙代でした。
土地、建物、ローン用で 約6万円でした。

 

 

 

土地手付け金

土地を契約する時は、ローンはまだ組めません。

土地仮契約 手付け金を支払う (土地代の1割120万円)

土地ローン審査

借入金が通帳に振り込まれる

土地本契約 売主に現金を振り込む

という流れなので、我が家は最低でも自己資金は120万は必要でした。

 

 

 

A. 頭金0円でも家は建てれます。

 

頭金が0円でも、

自己資金が土地の手付け金、建物の手付け金を支払える分あれば問題ありません。

 

ただ、頭金0円だと
ローンの審査が不利になると言われています。
借入金が希望額借りれなかったりする可能性があるとか…

 

そんな事言われてますが、
我が家は頭金50万です(笑)

ローン審査も通っているので、信ぴょう性がないかもしれません。

 

 

50万だったら、いっそ頭金0円でもいいのかも…

ローン審査って

頭金が有るってい言う事実が大事なのかな?

 

 

 

借入金以外で動いたお金

 

収入印紙代6万円

土地仮契約手付け金120万円

建物手付け金50万円

先行工事費用104万円(ハウスメーカが工事してくれる場合は、建物費用に含まれます)

 

合計¥280万

 

あれ?
自己資金額よりオーバーしてますって?

 

 

 

お金の流れはこんな感じ

 

自己資金220万

土地仮契約手付け金

120万払う。・・・残り100万

 

土地ローンを借りる

120万入ってくる。・・・残り220万

 

建物手付け金

50万払う。・・・残り170万

 

収入印紙代

6万払う。・・・残り164万

 

先行工事費用

104万円払う。・・・残り60万

 

頭金

50万払う。・・・残り10万

 

 

自転車操業みたいですね(笑)

 

 

 

 

4月中旬に建物のローンの相談をします。

 

建物ローンには、建物手付け金50万、先行工事費用104万、収入印紙代6万も含まれますので

 

・・・残りは170万

 

一時的にお金は動きますが、最後に住宅ローンを借りて戻って来るってことですね。

頭金は戻ってこないお金という事になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

自己資金いくら貯めたら、家を購入出来るかは

最初に、ぶち当たる疑問ですよね。

 

我が家は使いませんでしたが、諸経費にあてるオーバーローンっていうのもあるそうです。

金利は高いですが、自己資金0円でも家を購入出来るかもしれません。

 

頭金は0円でも

自己資金は有ったに越したことはありません。

 

我が家のお金のやりくりが、皆様の参考になればと思います。

 

 

ABOUT ME
konno
konno
夫/息子/むぎ(犬)の3人と1匹 2018年『無印良品の窓』の家が完成しました。 完成までの色々から、完成後の住みやすくなっていくまでを気ままに更新しています。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 無印良品の家へ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧ナチュラルインテリアへ ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください