ホーム / 失敗談 / 【失敗談?】キッチンのペンダントライトのバランスを考える

【失敗談?】キッチンのペンダントライトのバランスを考える

 

皆さま、こんにちは!
暑い日が続きますね。

 

 

今回は、キッチンの照明(ペンダントライト)について考えてみました。

キッチンカウンターの上に、ポンポンとペンダントライトがあると、おしゃれじゃないですか?

 

 

無印のオプションで引っ掛けシーリングを追加することができます。

取り付け位置は、お任せで!


なんて、考えなしに頼んじゃったから(´;ω;`)大変な事に!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無印良品『窓の家』のキッチン

 

キッチンについての詳しいスペックは、過去の記事でご紹介しました。

無印のキッチンをもっと詳しく調べてみます!

 

 

 

キッチンカウンターを正面から見るとこんな感じです。

 

作業スペースの上にペンダントライトを3つ付けたいと計画しています。

 

 

 

 

引っ掛けシーリングの間隔が狭い

 

そろそろペンダントライトを探そうと思い、ネットで調べていると…

気づいたのです!:(;゙゚’ω゚’):

 

引っ掛けシーリングの間隔が狭い!

 

 

良いなと思った照明の直径は200mmにたいして、引っ掛けシーリングの間隔は350mmです。

 

ライト同士の隙間は150mm!

 

 

カツカツ:(;゙゚’ω゚’):

 

えーん(泣)
なんで、もっと考えて決めなかったんだろう!

 

 

 

 

ペンダントライトの理想的な位置

 

【ペンダントライトの理想的な大きさと高さ】

テーブルの幅の約3分の1の器具を、
テーブル面から60〜80cmの高さに設置。

 

 

コンロを除いた作業スペースは1700mmです。

1700÷3=約560mm

560mmのライト1つで、1700mmの幅を十分に照らせる。

 

 

照明を3灯付けたいので、1つあたりの大きさは

566÷3=約180mm

 

 

作業スペースをくまなく照らそうと思うと、直径180mmのペンダントライトを3つ設置するのが良いようです。

 

 

高さに関しては、私の身長から考えて、

視界にペンダントライトがチラついてまぶしいなんて事を避けるため、

800~900mmで、少し高めに取り付けたいと思います。

 

 

 

 

理想的なライトの計算通り、直径18mmを付けたらこんな感じ…

 

あらーΣ(‘ω’o)
詰まってますねー。

 

 

まぁ、これはこれで悪くは無いです…。

ブルックリンスタイルや、アメリカンな感じのインテリアだったら、重厚感あって良さそうです。

 

 

 

でも!
我が家のイメージは、シンプル北欧です。
ちょっと重いかなー。

 

 

ライト同士の距離を離してみると、ずいぶんスッキリします。

 

 

私が感じるスッキリとしたバランスの良いライトの距離は

ライトの直径+5cm〜

ここだけcmの単位ですみません。

 

ライト1個分と、ちょっと空けた方がスッキリします。

 

 

 

ですが!!

忘れてはいけない!
我が家の引っ掛けシーリングの間隔は固定されています。

 

 

計算通りの、直径180mmのライトはバランスが悪そうです。

 

 

 

 

小ぶりなライトを探しました。

 

① E17口金 東芝製ペンダントライト 【TO00360E】

(出典https://www.fazoo-pl.com/smp/item/TO00360E.html)

 

 

シンプルです。
絶対これならハズさないと思えるデザインです。

直径116mmなので、照らせる範囲は少し狭めです。

 

 

 

 ②E17口金 オーデリック製ペンダントライト 【OD06420E】

 

(出典https://www.fazoo-pl.com/smp/item/TO00360E.html)

 

 

紙コップからインスピレーションを受けてデザインされたものみたいです。

先ほどより直径が広いので、広い範囲を照らせそうです。

 

色違いで、白もあります。
白は、いかにも紙コップという感じで選びませんでした(笑)

 

 

キッチンが真っ白なので、アクセントとして

チャコールグレーの色にチャレンジしてみたいですね。

 

 

 

 

2つを比べると…

色が違うので比較しづらいですが

若干、②のグレー方が天井が高く見える気がしませんか?

 

 

ライトと天井との空間が離れている方が、

天井が高く錯覚できるのかもしれません。

 

 

無印の家は、天井の高さが2300mmと、低めなので
天井は高く見せたいです!

 

 

この考え方が正しければ、部屋を横方向に広く見せたい場合は

縦長の照明の方が広く錯覚する効果がでそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

今回は、照明の位置について考えてみました。

 

 

そもそも、照明距離の融通がきく ライティングレール(ダクトレール)にしたら良かったんですよ。

(出典https://www.fazoo-pl.com/smp/item/PNX021.html)

 

これだったら、複数のライトをつけても間隔を微調整出来るんです。

でも!!

ただでさえ低い天井にライティングレールを付けたら、ごちゃごちゃすると思ったんですよ!(泣)

 

 

工事で、レールを天井に埋め込んでくれたら良いのに…

そんなこと出来るのかな?

 

 

 

新築で、ペンダントライトを検討されている方!

『可能なら、ライティングレールを天井に埋め込む』のが、おススメですよー!

 

 

 

ペンダントライトを買い替えたとしても、サイズに合わせて間隔を調整できるのは良いですね。

我が家は、今後もペンダントライトの呪縛から解放されることはありません(笑)

 

 

皆さんは、我が家のように失敗されないことを願っています!

 

 

失敗じゃなかった!キッチンのペンダントライトについて

2019.03.16ライト問題、解決しました!!

 

おすすめ記事

【ちょっぴり後悔】階段上の空間と、掃き出し窓について

  皆さま、こんにち …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください