ホーム / 家づくり / 外観・外構・庭 / 西日対策として、タープを取り付けようと思います!

西日対策として、タープを取り付けようと思います!

 

今週、夫が夜勤だったり

息子のベビーカーをそろそろ購入する為に調べたり…

なかなか、夫と ゆっくり家の話が出来ません.( •́ .̫ •̀ )

 

 

総予算や、オプションの詳細の紹介は
もう少し後になりそうです。

 

現在確実に決まっている事を、今日は書いていこうと思います(`・v・´)ゞ

以前、西日について考えていた記事を覚えていますか?

 

西日について本気だして考えてみたら

 

ようやく、答えが出ました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西日にタープは、どうでしょう!

 

タープ (英: tarpaulin 、英: tarp )は、日差し・雨を防ぐための広い布である。 キャンプに使われる。 布の形状が六角形のタープは、ヘキサゴン型またはヘキサウイング型と呼ばれる。 布の形状が長方形で、6本のポールで支えるタープは、レクタングラー型と呼ばれる。Wikipedia

 

 

本来はアウトドア時に活躍する日差しよけですが

これを家に使ってしまおうと思います!

 

 

タープを選んだ理由

 

風合いが好き

(画像はお借りしました。)

 

日よけの効果はもちろん欲しいですが、日が差し込んだ時の

この透け感!!

柔らかい色合いが、好きです!!

 

和風でも洋風でも合いそうな麻のような素材感がいいなーと思います。

 

 

大きいサイズもある

(画像はお借りしました。)

 

もともとキャンプようなので、結構サイズが大きいです。

 

夏はタープの下に、プールを置いて

子供を遊ばせるスペースが十分にとれそうです。

 

 

 

TATONKA TARP 2 TC タトンカ ヘキサタープ

 

 

(画像をクリックすると商品が見れます)

 

コットン幕は重いですが、このタープはポリコットンなので1.35Kgと非常に軽量です。

素材はポリコットンと、聞きなれない素材です。

 

 

大きいですが、軽いので扱いやすいのが魅力です!

キャンプ用なだけあって、ハードに使っても大丈夫そうです。

これなら、西日を遮るのに十分な機能を果たしてくれると思います。

 

 

 

どうやってタープを取り付けるか

 

キャンプ用品なので、家につけるようにはなっていません。

2 TCのサイズだと、金具が取り付けれそうな場所が1辺に3か所あります。

これをそのまま活用したいと思います。

 

偶然ですが、窓の大きさとタープの大きさが同じくらいでした!

 

TRUSCO(トラスコ) アイプレート ステンレス製 12mm TIP12

使用荷重(kN):1.18

ブランコや、ハンモックを取り付けるのに使える金具です。

 

1.18kNは、約120kgくらいなので、金具3つだと360kgの重さまで耐えられます。

タトンカは1.35kgだから台風並みの風じゃなければ、余裕ですね。

 

この金具は、壁の強化も必要になりますので

無印に取り付けをお願いしました。

 

3か所の取り付けで工賃は2万円くらいだったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家側に取り付ける計画は確定していますが、

タープのもう片方を

地面にそのまま固定するのか、支柱を建てて固定するか

まだ未定です。

 

庭が、どんな形になるかによりますね。

外構の話が進み始めたら、この辺りも決まってくると思います。

 

とりあえずは、いい感じに

西日対策が出来そうでよかったです!

 

 

おすすめ記事

古いブロック塀を左官でキレイにする【DIY】前編

  皆さま、こんにち …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください